Peak Design(ピークデザイン)おすすめ製品まとめ / 私が使っているアイテムを紹介します【随時更新】

撮影用具
撮影用具review/レヴュー
スポンサーリンク

こんにちは。

皆さん、ピークデザインの製品を使っていますか?

私は小物からバッグまで、色々とお世話になっています。


カメラまわりの大手メーカー製品は、総じてデザイン性に納得できないものが多いのですが、ピークデザイン製品はスタイリッシュなアイテムが多いので重宝しています。

本記事では、私が実際に使用しているアイテムを紹介していきます。



※使用アイテムが増えたら、その都度更新します。




ピークデザイン(Peak Design)とは?

ピークデザインとは?

アメリカのサンフランシスコを拠点とする、デザイン・機能性に優れたカメラ関連用品を提供するブランドです。

特にその機能性は唯一無二と言ってもいいほどで、バッグ・ストラップ・ギア、どれをとっても良く考えらた製品ばかりです。

ピークデザイン | 銀一株式会社

▲詳しくは日本でピークデザイン製品を取り扱う「銀一」さんのサイトをご覧ください。




私が使用しているピークデザイン製品

スタンダードプレート

カメラの底部に取り付けて、三脚座に固定するためのプレートです。

本製品はアルカスイス互換に対応しているので、多くの三脚で使い回すことができます。

最近のカメラアクセサリーの多くは、アルカスイス互換を基本として作られているものが多いので、ベースプレートのアルカスイス化は大切です。


▼私の使い方を記載した記事です。

カメラ用ベースプレートにはピークデザインの「スタンダードプレートPL-S-3」がおすすめ!
本記事ではピークデザインのカメラ用ベースプレートを紹介します。沢山のプレートが安価で手に入る中、本製品のどこに利点があるのかを順に解説していきます。プレート選びの参考にご覧ください。




リーシュ

小型のミラーレスカメラの運用にはこの「リーシュ」が最もおすすめです。

ベルトが細いのでかさばらないし、長さ調整がとてもスムーズに行えます。




▼詳細レビューはこちらをご覧ください。

ピークデザインのカメラストラップ「リーシュ」がおすすめです!
本記事ではピークデザインのカメラストラップ「リーシュ」をおすすめする理由を記載していきます。ピークデザインには他にも「スライド」、「スライドライト」がありますが、私が以前使い比べた経験から使用感をお伝えします。どれを選ぶかの参考にしていただけたら嬉しいです。




capture

カメラをリュックやスリングのベルト部分に固定するためのものです。

しっかりと固定されるので、安心して持ち運びできます。

ストラップよりもスッキリしていて、取り回しが楽です。




▼詳しい使い方はこちらをご覧ください。

ピークデザイン capture(キャプチャー)レビュー / いつものバッグにカメラをつけてみよう!
本記事ではピークデザインのカメラ固定具「キャプチャー」を紹介します。リュックのベルト部分や、スリングバッグのベルト部分にカメラを装着できる便利アイテムです。時としてストラップよりも便利に使えるので、一度試してもらえたらと思います。




EveryDay Sling (エブリデイスリング)/ 6L

普段使いに最適のスリングバッグです。

3L、6L、10Lとラインナップがありますが、日常使いでは6Lがバランスが良いです。

▲現在、執筆中です。



まとめ

今回は私が愛用しているピークデザインの製品達を紹介してきました。

カメラを趣味にしていると、関連用品への関心も高くなりますよね。

ピークデザインは、機能性だけでなくスタイルにもこだわりたい人におすすめのブランドです。

色々と試して、お気に入りのアイテムで楽しい写真ライフを送りましょう。


この記事がピークデザイン製品選びの参考になれば幸いです。

ご覧くださり、ありがとうございました。



▼完成度の高いカメラバッグ「shimoda action X」の紹介です。

Shimoda Action X30 / シモダデザイン カメラバッグ レビュー / review vol.7
アウトドア志向の本格カメラバッグ「shimoda action X」の詳細レビューです。外観・収納、おすすめポイントなど、細かに記載していきます。デザイン性に優れたバッグなので街でも使用でき、登山やアウトドアでの撮影時には優れた機能が撮影の手助けをしてくれます。




▼こちらはマンフロットの三脚をアルカスイス互換に改造した記事です。
簡単にできますので、よろしければご覧ください。

【簡単】マンフロットの三脚をアルカスイス互換にする方法 / Befree advancedを簡単に改造できました!
本記事ではマンフロットの三脚を「アルカスイス互換」に変更する方法を記載します。軽量・お洒落なマンフロット三脚をアルカスイス化し、より便利に使いましょう。安価な「クランプ」と「アダプター」を購入するだけ、数分で簡単にカスタムできます。この記事を参考にお手元の三脚を使いやすくしましょう。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント