SanDisk 外付けSSDレビュー&初期化手順 / エクストリーム ポータブル V2 をMacで使用する

review/レヴュー
review/レヴューガジェット
スポンサーリンク

こんにちは。

皆様、PCのデータ管理はどのようにされていますでしょうか?

私は日常的に写真や動画を撮影するので、比較的大容量のストレージを必要とします。

一年間で2TBの外付けSSDを使用し、元日に新しいものに取り替えています。

本記事では、SanDiskの外付けSSD「エクストリーム ポータブル V2」をMacで使用する際の初期化手順を掲載します。

あわせて簡単なレビューも記載しますので、参考していただけたらありがたいです。


▼4TBまでラインナップがありますが、万が一の紛失や故障時のリスクを考え、私はあえて2TBの容量におさえています。








Sandisk(サンディスク) エクストリーム ポータブル SSD E61)とは?

主な特徴

・質量52g(軽量コンパクト)

・USB 3.2 Gen 2に対応(高速データ転送)

・最大読出し速度1050MB/秒、最大書込み速度1000MB/秒

・USB-Cで接続(タイプAへの変換コネクタ付属)

・防滴防塵、衝撃に強い

・WindowsとMacどちらでも使用可能



開封〜外観

説明書も付属します。




本体とケーブル。




USBタイプC から タイプAへと変換するコネクタが同封されています。


表面はパンチングデザインにオレンジが効いています。
表面はすべすべした手触り。


裏面はラバー素材。
滑りにくくなっています。


薄型設計。
持ち運びが楽ですね。




ウエスタンデジタル Western Digital / My Passport とのサイズ比較

▲一昨年、私が使用してきたWDのSSDとのサイズ比較です。

一見してわかるサイズ感の違い。

SSDも日進月歩で小さくなっていきますね。




初期化の手順

ここからは使い始める前の「初期化」の手順を記載します。

Mac右上の虫眼鏡マークをクリックし、「ディスクユーティリティー」を検索。


左側の「Extreme SSD」を選択し、右上の「消去」をクリック。


BOXが立ち上がるので、フォーマットのところをクリック。


macOS 10.13以降のMacで使用する場合は、上段のAPFSのいずれかで大丈夫です。

暗号化(SSDにアクセスする際、パスワードを求める)場合は4番目を、パスワード不要の場合は3番目を選択します。

私は今回は3番目「APFS(大文字/小文字を区別)」を選択しました。


プロセスが完了したら「完了」を押します。


以上で初期化が完了しました。

データを保存して、確認してみましょう。




まとめ

今回はSanDiskの外付けSSD「エクストリーム ポータブル V2」について記載してきました。

各社から似たような製品はいつくつも出ていますが、本製品は定番中の定番です。

カフェなどで作業していると、きっと同じSSDを見かけると思います。

お値段もそれなりですが、ストレージは本製品のような信頼出来るものを選びたいですね。


この記事が外付けSSD選びの参考になれば幸いです。

ご覧くださり、ありがとうございました。






▼こちらはMac購入時のおすすめ初期設定をまとめた記事です。
もしよろしければご覧ください。

Mac mini 購入したら最初にすべきこと / おすすめの設定を紹介します
本記事では、Macを購入したらまず行った方が良いと思われる設定を紹介します。最初にひと手間かけて設定しておくと快適性が格段に違ってきますので、少しお付き合いいただけたらと思います。私自身、初めてwindowsからMacに乗り換えた実体験ですので、Mac初心者の方には特におすすめしたい記事です。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント