GRⅢ と GRⅢx 2台持ちでスナップ比較してみた / POV動画&作例

ストリートスナップ
ストリートスナップphotolog/フォトログ
スポンサーリンク


こんにちは。

この記事をご覧になっている方は、これからGRの購入を考えている、もしくは2台目の購入を検討している方でしょうか。

GRⅢは焦点距離28mm、GRⅢxは焦点距離40mm、どちらを購入しようか迷うところですよね。

本記事ではRICOH GRⅢとGRⅢx の2台持ちスナップの様子をお伝えしますので、どちらにするか決定する材料にしてもらえたら嬉しいです。

▼2機種のスペック比較等はこちらをご覧ください。(現在作成中です)


それでは早速スナップを見ていきましょう。




POV動画

DJI POCKET2 を首から下げてPOV動画にしました。

撮り比べの様子と作例をご覧ください。







snapshot / スナップショット 比較

GR3 28mm
GR3x 40mm

40mmの感覚が染み付いている私にとっては、自然と2枚目をイメージした距離からの撮影になる。

28mmだとこのくらい広く映るのかという感じ。




GR3 28mm
GR3x 40mm

ちょっと広い景色を写してみる。

こういう場合は28mmの広さが欲しくもある。

ただ、あたらめて見ると、均整のとれた40mmの写りも好きだ。





GR3 28mm 最大撮影倍率0.35
GR3x 40mm 最大撮影倍率 0.25

マクロモードを使用して近接撮影を比べてみる。

28mmレンズのほうが寄れるので、かなり大きくクローズアップできている。

この点ではGR3に利がある。




GR3 28mm
GR3x 40mm

近くの広い景色を写すには、やはり28mmが撮りやすい。

スナップの際、こういう用途は結構多い。





GR3 28mm
GR3x 40mm

ふと見つけた面白いものを撮る時、やはり自分の視野に近いレンズだと距離感がつかみやすい。

40mmは自分にとって心地よい距離感だと感じる。

 

GR3 28mm

壁のパターンと通行人を意識した一枚。

パターンの力強さを出すには広角寄りの28mmが適している。



GR3x 40mm

40mmは歪みの少なさが扱いやすい。

場面によっては歪みがうるさく感じることもある。

ライトルームで直しても良いが、画角が犠牲になり、撮影時のイメージが弱くなってしまうこともある。




使用したカメラ

GRⅢ

▲RICOH GRⅢ : 焦点距離28mm



GRⅢx

▲RICOH GRⅢx : 焦点距離40mm




アクセサリー

▲GRⅢ用のサブバッテリー×2&充電器
純正バッテリーは高価なので、こちらの製品がおすすめ。
問題なく使用できます。



▲GRⅢ、GRⅢxにジャストフィットのガラスフィルム。
安価で高品質、2枚セットになっているので、もし傷がついても交換できます。




afterword / あとがき

GRⅢとGRⅢxの画角の違いについてお話ししてきました。

いかがでしょうか、12mmの違いは結構大きいと感じませんでしたか?

28mmの広さに慣れると、40mmがちょっと望遠気味(大げさに言うと)にも感じられてしまいます。

ある撮影対象にフォーカスすることを好む私のスタイルだと、40mmのほうがしっくりくる感じです。



ただ、現在はFUJIFILM X-S20に換算50mmのレンズを付けてスナップすることが多いので、GRは28mmにした方が、より広い撮影シーンに対応できるのだろうなと考えているところです。

しばらくはどちらも手放さず、GR二台体制で楽しんでまいります。


この記事がGR選びの参考になれば嬉しいです。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。


▼GRⅢに搭載されているイメージコントロール12種類の作例をまとめた記事です。

参考にご覧ください。

GRⅢx / イメージコントロール全12種類を使ってみた / 作例と特徴解説



 

スポンサーリンク
smallworks

コメント