DAHON(ダホン) K3 のセンタースタンドがクランクアームと干渉する件について / サイドスタンド導入で解決しました!

review/レヴュー
review/レヴュー生活用品
スポンサーリンク


本記事では、軽量折りたたみ自転車「DAHON K3」の純正センタースタンドの注意点及び、社外製サイドスタンドについて記載します。

というのも、ダホンK3にはスタンドが付属していません。

そのため、私はまず純正センタースタンドを購入してつけていたのですが、ちょっと不具合があることがわかりました。

そのため、次に社外製のサイドスタンドを買い直すこととなりました。

スタンド購入を考えている方、私と同じ失敗をせぬよう、まずは本記事をご覧になって考えていただきたいと思います。

では、順に記載していきますのでご覧ください。



▼こちらは2022年モデルのガンメタル/マットブラックのK3です。

年式は違いますが、私もこのカラーのものを使用しています。



▼今回紹介する社外製サイドスタンド。




純正センタースタンドの問題点

こちらが純正センタースタンド。

一見特に問題が無いように見えます。



クランクアームとの隙間が無い

センタースタンドを上げた状態で上から撮りました。

ご覧のとおりペダルを支えるクランクアームがスレスレの状態です。

ペダルを漕ぐ度、このスレスレ状態が繰り返されています。

これには冷や冷やしますね、、。

そして問題はさらに、、。



センタースタンドの取り付け箇所に遊びがある、、

フレーム底面に取付箇所があります。

六角レンチを使用して強く固定することが出来るのですが、この受け側の形状に問題があります。

そう、スタンドの底部と受け側の形状に少し遊びがあるのです、、。



力が加わると遊びの分だけスタンドが動く、、そしてぶつかる。

しっかりと六角レンチで締めても、スタンドを足で扱うと、どうしても取り付け部分が緩んで動いてしまいます。

その結果、スタンドとクランクアームがぶつかるようになってしまいます。

写真は接触によりついた傷です。

このくらいの傷で済めばいいですが、ペダルを漕げないことにより事故が起きるほうが怖いです。



社外製サイドスタンドが使いやすい

この後ろ側につけているのが、社外製のサイドスタンドです。

短い割に安定感があります。


しっかりと二箇所で止めるので、強度は十分。

これなら心配ありません。


▲安価なのでありがたいです。



しばらく使ってみての感想

とても小さいので、最初は頼りないかなと思ったのですが、意外としっかりと車体を支えてくれます。

ちょっとくらい強い風が吹いても大丈夫でした。

価格の割に良い買い物だったと思います。


afterword / まとめ

自転車としての完成度が高いだけに、このセンタースタンドにはがっかりさせられました。

おそらく同じ思いをしている方もいらっしゃると思います。


とは言え、サイドスタンドに切り替えることで解決できることなので、早めに替えてしまいましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ご覧くださり、ありがとうございました。







▼こちらは「DAHON(ダホン) K3」のレビュー記事です。
よろしければご覧ください。

DAHON(ダホン) K3 レビュー / おすすめ軽量折りたたみ自転車 / 折りたたまずに車に入るコンパクトさ!
本記事では、14インチの折りたたみ自転車「DAHON K3」についてレビューします。主に写真撮影時の移動手段として数年使用してきたので、その中で感じたメリット・デメリットともにお伝えしていきます。K3の購入を検討されている方、折りたたみ自転車を考えている方の参考になれば嬉しいです。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント