FUJIFILM X-T4 / フィルムシミュレーション 「プロビア」で撮る秋景色

photolog/フォトログ
photolog/フォトログX-T4
スポンサーリンク

本記事では、FUJIFILM X-T4のスナップ作例を掲載します。

使用するフィルムシミュレーションはPROVIA(プロビア)。

今回はカスタマイズせずに、このシミュレーションのベーシックな色味を載せていきます。

いつものようにノートリミング、ノーレタッチの写真です。

作例としてご覧ください。




フィルムシミュレーション : PROVIA(プロビア)とは

プロ用のリバーサルフィルムのスタンダードタイプ「フジクローム・プロビア」がベース。

多くの方が心地よく感じる色再現を追求し、風景から人物まで、あらゆる被写体に対応するオーマイティなフィルムシミュレーション。

別名「スタンダード」だが、決してニュートラルという意味ではない。

コントラストは中庸よりも少し高く、色味も鮮やかに表現される。

迷った時はまず「プロビア」と言われるが、それだけ間違いの無い写りが期待できるシミュレーションだと言える。



snapshot / スナップショット

58mm(換算)| F5.6 | ss1/180 | iso160
11月の16時の光
斜めから入る光が長い影を作っていた


60mm(換算)| F4 | ss1/3200 | iso320
水溜りと落ち葉が綺麗だったので、ぐっと近寄ってみた


82.5mm(換算)| F9 | ss1/320 | iso320
秋の赤を一枚


51mm(換算)| F3.6 | ss1/4000 | iso320
何気ない風景を撮りたくなるのが、プロピアの魅力でもある


82.5mm(換算)| F9 | ss1/60 | iso1250
シャドウトーンの写り


82.5mm(換算)| F6.4 | ss1/150 | iso320
ベルビアやアスティアほどではないが、適度に鮮やかな発色


31mm(換算)| F3.6 | ss1/80 | iso320
カフェの中からの一枚、程よい明暗がその場の情景を伝える
記憶色を感じる一枚


40mm(換算)| F7.1 | ss1/640 | iso160


78mm(換算)| F14 | ss1/125 | iso500



66mm(換算)| F7.1 | ss1/340 | iso160
自然な色合いだが、決して単調ではない



location / ロケーション

▲鉄道の街「新津」、山手線の車両もここで製造されている


▲北方文化博物館、紅葉シーズンとても美しい場所


▲亀田公園:公園も秋になると色鮮やかなフォトスポットになりますね

 

camera & lens / カメラとレンズ

▲FUJIFILM X-T4

 

▲標準ズームレンズ XF18-55mmF2.8-4 R OIS

 

▲ピークデザインの脱着可能ストラップ。
小型カメラと相性がとても良いです。
長さ調整が楽なので、たすき掛け、首下げ、自由自在です。

  

  

gallery / ギャラリー




afterword / あとがき

色鮮やかな季節をプロビアで撮影してきました。

どこか記憶に残るような色合いで、ファインダーを覗くのが楽しみになりますね。

季節ごとにお気に入りのフィルムシミュレーションを使い分けるのも楽しみの一つです。

夏はベルビア・アスティア、冬はクラシッククローム、春・秋はプロビアetc…

とは言っても、プロビアは通年で最も使用するシミュレーションです。

過度な特徴をもたせていないので、どんなシーンでも使用しやすいですね。


2023/11/25発売のX-T5でも、引き続き使用してみたいです。

ご覧くださり、ありがとうございました。


▼X-T4の弟分、X-S10のレビューを書きましたので、こちらもどうぞご覧ください。

FUJIFILM X-S10 レビュー / 初心者にもおすすめの小型ミラーレス一眼カメラ
FUJIFILMの高性能小型ミラーレス一眼「X-S10」。持ちやすいグリップ・手ブレ補正・動画性能の高さなど、小型ながらも多くのメリットを持ったカメラです。外観・作例(静止画、動画)・使いやすさ、などを順に記載していきます。


 

▼12種類のフィルムシミュレーション作例です。こちらもご覧ください。

FUJIFILM X-S10 / 「ASTIA」で春を切り取りました / photolog vol.43
X-S10 フィルムシミュレーション「ASTIA」の作例。リバーサルフィルムの一つを再現したもので、鮮やかだけれども華美過ぎない発色が特徴です。青空のある風景や花を撮ると、綺麗に映える印象があります。今回は桜の季節にスナップした作例です。
FUJIFILM X-S10 / 「PROVIA」で撮った日常 / photolog vol.41
今回はフィルムシミュレーションの中でもベーシックな「PROVIA」の日常スナップです。とりとめのない日々の記録写真ですが、記憶色と言われるPROVIAで写すと特別な景色に変わる気がします。作例としてご覧いただけたらありがたいです。
FUJIFILM X-S10 / Velvia(ベルビア)の色彩 / photolog vol.37
X-S10のフィルムシミュレーションの作例です。 今回はVelviaを使用してのスナップです。 枚数は少ないですが鮮やかな色味の参考になれば嬉しいです。
FUJIFILM X-S10 / クラシッククロームのノスタルジー / photolog vol.35
こんにちは。 FUJIFILM X-S10フィルムシュミレーション作例です。 クラシッククロームを使用して、趣のある建物内を撮影してきました。 ノスタルジックな雰囲気をご覧いただけたら嬉しいです。
FUJIFILM X-S10 / 「PRO neg std」で撮るポートレート&スナップ / photolog vol.46
X-S10「PRO neg std プロネガスタンダード」でのポートレートとスナップの作例です。柔らかな肌色を再現するこのシミュレーションはポートレート撮影に適しています。明暗のある場面でも、しっかりと人物の色味を再現してくれています。作例としてご覧ください。
FUJIFILM X-S10 / PRO Neg. Hi(プロネガハイ)で裏原宿スナップ / photolog vol.38
お気に入りのスナップシューターFUJIFILM X-S10。今回はフィルムシミュレーション「PRO Neg. Hi」の作例です。トーンは硬調で、暗部が引き締まるので、メリハリのついた仕上がりになります。参考になればうれしいです。
FUJIFILM X-S10 / クラシックネガの色 / photolog vol.36
フジの代表的なフィルムシミュレーション「クラシックネガ」の作例を動画・静止画ともに掲載します。「クラネガ」というと「写ルンです」の中のフィルムの再現と言われていますが、このマゼンタ気味の発色は独特ですね。また、緑も独自の色合いで表現されています。カスタマイズ無しの色合いをご覧ください。
FUJIFILM X-S10 / ETERNA(エテルナ)でスナップ / photolog vol.39
スナップシューターFUJIFILM X-S10。今回はフィルムシミュレーション「エテルナ」の作例です。映画フィルムを再現した、低彩度・軟調な仕上がりで、雰囲気の良さを感じます。シャドウ部も潰れずに粘ってくれます。シネマ的な写真を残してみたくなります。
FUJIFILM X-S10 / 映画の「銀残し」ETERNA ブリーチバイパスの光と影 / photolog vol.40
映画撮影で用いられた「銀残し」を再現した低彩度・高硬質なフィルムシミュレーションの作例です。従来のETERNAが柔らかい階調なのに対して、ブリーチバイパスはコントラストが高く、暗部はしっかり暗く表現されます。クールな色味の世界をご覧ください。
FUJIFILM X-S10 / モノクロフィルム「ACROS」でスナップ / photolog vol.42
X-S10 フィルムシミュレーション「ACROS」の作例です。モノクロの一種ですが、高精細なシャープネスとシャドウのディティールが得特徴です。陰影が際立つので、印象的な写りになります。
FUJIFILM X-S10 / 「モノクロ」と「ACROS」を比較してみる / photolog vol.47
FUJIFILM X-S10 作例。同じ白黒でも違いが分かりづらい「モノクロ」と「ACROS」を、作例を通して比較します。結論から言うと、「ACROS」の方がコントラストが高く、くっきりと締まった感じがします。私はこちらが好みですね。
FUJIFILM X-S10 / どこか懐かしい「セピア」で撮ってみた / photolog vol.49
FUJIFILM X-S10 フィルムシミュレーションのセピアでの作例です。昔流行った色合い「セピア色」、今使ってみると新鮮さを感じます。作例なのでノートリ・ノンレタッチの写真です。参考になれば嬉しいです。
スポンサーリンク
smallworks

コメント