GRⅢx の「ビビッド」を使って鮮やかに街を切り取ってみた

ストリートスナップ
ストリートスナップphotolog/フォトログ
スポンサーリンク


本記事では、RICOH GRⅢx のイメージコントロールを使用したスナップ作例を掲載します。

今回使用するイメージコントロールは「ビビッド」。

写真を鮮やかに仕上げてくれるこの色調、意外と使用していないことに気が付きました。

自然の豊かな色彩を求めがちですが、街中にも良い色が沢山あるので気負わずに使用してみると新たな発見がありますね。

今回は特にカスタマイズはせずに、そのままの色調を載せていきます。

作例としてご覧ください。





snapshot / スナップショット

71mm(クロップ) | F5.6 | ss1/320 | iso80
まずは赤色に着目。
鮮やかなライン。



40mm | F9 | ss1/100 | iso400
次は緑を探してみました。
鍵も草も鮮やかな緑ですね。



40mm | F8 | ss1/100 | iso320
かなり鮮やかな青がさらに映えています。



40mm | F9 | ss1/100 | iso250
奥の看板と通行人の髪留めの黄色が際立っています。
ポイントで色彩を拾うのにも重宝しますね。



40mm | F11 | ss1/100 | iso200
色鮮やかな花々を写せばこんなにも鮮やかな発色に。



40mm | F8 | ss1/100 | iso320
モノトーンの中にある緑と黄色がしっかりと見えています。



40mm | F11 | ss1/200 | iso100
青空の青さ。
意外と青が主張し過ぎないので使いやすいですね。



40mm | F5.6 | ss1/250 | iso80
斜光での一枚。



40mm | F11 | ss1/125 | iso200
足元にも色が沢山。




40mm| F10 | ss1/100 | iso320
赤とオレンジ。



 

camera & lens / カメラとレンズ : リコーGRⅢx

▲RICOH GRⅢx
GRⅢは28mm、こちらⅢxはの焦点距離は40mmです。



▲GRⅢ用のサブバッテリー×2&充電器
純正バッテリーは高価なので、こちらの製品がおすすめ。
問題なく使用できます。





▲GRⅢ、GRⅢxにジャストフィットのガラスフィルム。
安価で高品質、2枚セットになっているので、もし傷がついても交換できます。

 

  

  


afterword / あとがき

イメージコントロール「ビビッド」を使用してみました。

いかがでしたでしょうか。

ビビッドというと色味が強くなり過ぎるのを心配して敬遠しがちですが、GRのビビッドはマイルドな発色で使いやすいものでした。

先入観はなるべく持たず、しっかり使ってみてお気に入りを選びたいものです。


他の色調も記事にしていますので、あわせてご覧いただけたら嬉しいです。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。


▼イメージコントロール12種類の作例をまとめています。

GRⅢx / イメージコントロール全12種類を使ってみた / 作例と特徴解説


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント