RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ハイコントラスト」でストリートスナップ

photolog/フォトログ
photolog/フォトログGRⅢx
スポンサーリンク


本記事では、RICOH GRⅢx のスナップ作例を掲載します。

街歩きで白黒を使用するとそれっぽく写るので、好んで使用しています。

今回使用するイメージコントロールは「ハイコントラスト」。

白黒4種類のうちで、最もメリハリの効いた発色のイメージです。

特にカスタマイズはせずに、そのままの色調を載せていきます。

作例としてご覧ください。




イメージコントロール 白黒4種類について

GRⅢxのイメージコントロールには4種類の白黒が用意されています。

今回は4つ目の「ハイコントラスト」を使用しました。


ベーシックな「モノトーン」

RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「モノトーン」で日常スナップ
本記事では、RICOH GRⅢx の白黒スナップ作例を掲載します。使用するイメージコントロールは標準的な白黒である「モノトーン」。普段は色を意識することが多いですが、白黒で撮ると形や構図により集中できるように感じます。ノンレタッチ、撮って出しの作例をご覧ください。




やわらいかい印象の「ソフトモノトーン」

RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ソフトモノトーン」で歩き撮り
本記事では、RICOH GRⅢx の白黒スナップ作例を掲載します。使用するイメージコントロールは「ソフトモノトーン」。コントラスト低めで、軟調な仕上がりのモノトーンです。黒つぶれも少ないので、見せたい画をしっかりと写し込むことができます。撮って出しの作例をご覧ください。




硬い印象の「ハードモノトーン」

硬調なモノトーン
RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ハードモノトーン」で撮る雪のまち
本記事では、RICOH GRⅢx のスナップ作例を掲載します。GRの特色として白黒の良さを上げる人も多いと思います。今回使用するイメージコントロールは「ハードモノトーン」。特にカスタマイズはせずに、そのままの色調を載せていきますので、作例としてご覧ください。




コントラストが極めて高く表現された「ハイコントラスト」 ※今回使用

白と黒、コントラストが非常に高い





snapshot / スナップショット

40mm(換算)| F7.1 | ss1/60 | iso640
建物の質感がかなり硬質。



40mm(換算)| F7.1 | ss1/60 | iso800
白と黒がはっきりと分かれます。



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso640
いつもの景色が印象的に写る。



40mm(換算)| F7.1 | ss1/60 | iso500



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso500
フルプレススナップ



40mm(換算)| F5 | ss1/60 | iso1600
仲間同士。



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso500
古い建物はより退廃的に写る。



40mm(換算)| F6.3 | ss1/60 | iso800



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso320
面白い形のツタ。




40mm(換算)| F5.6 | ss1/60 | iso800
反射。


location / ロケーション

▲新潟市「古町」



 

camera & lens / カメラとレンズ

▲RICOH GRⅢx
最高のスナップシューター。
いつもポケットに入れています。



▲GRⅢ用のサブバッテリー×2&充電器
純正バッテリーは高価なので、こちらの製品にしました。
遜色なく使用できるのでおすすめです。





▲GRⅢ、GRⅢxにジャストフィットのガラスフィルム。
安価で高品質、2枚セットになっているので、もし傷がついても交換できます。

 

  

  


afterword / あとがき

今回のイメージコントロールはとてもメリハリの強いものでした。

スナップがマンネリ化した時に、ちょっとしたスパイスになって良いかもしれません。

明暗がはっきりしているので、ストリートスナップが格好良く撮れる気がします。


さて、今回でGRⅢxの白黒作例4種類が一巡しました。

また他のイメージコントロールについても取り上げてみたいと考えているので、ご覧いただけたら嬉しいです。

ありがとうございました。


▼こちらはFUJIFILM「X-S10」のレビューです。
よろしければご覧ください。

FUJIFILM X-S10 レビュー / 初心者にもおすすめの小型ミラーレス一眼カメラ
FUJIFILMの高性能小型ミラーレス一眼「X-S10」。持ちやすいグリップ・手ブレ補正・動画性能の高さなど、小型ながらも多くのメリットを持ったカメラです。外観・作例(静止画、動画)・使いやすさ、などを順に記載していきます。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント