【検証】エックスサーバー 「新サーバー移行」で表示速度が大幅に改善!

ブログ運営
ブログ運営memo/備忘録
スポンサーリンク


当ブログでは、レンタルサーバーの「エックスサーバー」を利用しています。

二年ほど前に開設した時からずっと同じサーバーです。

エックスサーバーは少し前から新仕様の高速サーバーの運用を始めていて、私にも新仕様サーバーへの移行ができる順番が回ってきていました。

本記事では、新サーバー移行によってどのくらい表示スピードが改善されたかを記載します。

▼移行の手順などはエックスサーバーのサイトにわかりやすく記載されていますので、こちらをご覧ください。

新サーバー簡単移行 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバー内で旧仕様のサーバー環境をご利用のお客様が、最新システム基盤の新サーバー環境へ簡単に移動できる「新サーバー簡単移行」機能に関するご案内です。



当ブログのスピードの現状:Page Speed Insightsで計測

これらは当ブログの中では比較的多くのPVを獲得している記事です。

PageSpeed Insightsで表示スピードと各要因を調べてみました。

パフォーマンスに差はありますが、共通して言えるのは「Speed index」、「Largest Contentful Paint」の時間が長いということです。

特に「Largest Contentful Paint」=「LCP」は、Googleサーチコンソールでも改善が必要と指摘されている項目です。


記事その1

▲パフォーマンスが低く、各種指標も改善が必要。


記事その2

▲パフォーマンスは悪くないが、「Speed index」、「Largest Contentful Paint」ともにさらに改善したい。



記事その3

▲こちらも上と同じ状況。



LCP等の改善策として最も大きなものは「最初のサーバーの応答速度を速くしてください」という項目でした。

今回はここを少しでも改善できればと考えています。



新サーバー移行後のスピード(結果)

サーバーの移行は短時間で完了しました。

では、その結果を見ていきましょう。

記事その1

▲劇的な改善が見られました。

パフォーマンスは46点から一気に91点へと上昇しています。

「最初のサーバーの応答速度を速くしてください」という項目は無くなり、「レンダリングを妨げるリソースの除外」が一番の項目になりました。

記事その2

▲もともとパフォーマンスの悪くない記事でしたが、さらに良くなりました。

記事その3

▲こちらも記事2と同様に改善。



移行前後比較

記事その1

移行前


移行後


記事その2

移行前
移行後




記事その3

移行前
移行後



まとめ

予想以上の速度改善に驚きです。

サーバー環境が新しくなれば当然多少は速くなるとは思っていましたが、まさかここまで速くなるとは思っていませんでした。

SEOの観点から、表示スピードはますます重要視されてきていますので、こういった改善は継続していかなければなりませんよね。

次の課題は「レンダリングを妨げるリソースの除外」の項目です。

また後日記載したいと思いますので、どうぞご覧ください。



スポンサーリンク
smallworks

コメント