RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「モノトーン」で日常スナップ

photolog/フォトログ
photolog/フォトログGRⅢx
スポンサーリンク


本記事では、RICOH GRⅢx のスナップ作例を掲載します。

頻繁にスナップを撮っていると、どうしてもマンネリ化や飽きが襲ってくる時があります。

そんな時は少し写真から離れてみるのも良いですが、普段とは違った色味設定で撮ってみるのもいいです。

白黒写真はカラーとは一味違った体験ができるので、写真生活のアクセントにはもってこいです。

一口に白黒と言っても、GRにはいくつかの種類が用意されています。

今回使用するイメージコントロールはオーソドックスな「モノトーン」。

特にカスタマイズはせずに、そのままの色調を載せていきます。

作例としてご覧ください。




イメージコントロール 白黒4種類


GRⅢ、GRⅢxの白黒には、下記の4種類があります。

モノトーン

ソフトモノトーン

ハードモノトーン

ハイコントラスト


今回は1つ目の「モノトーン」を使用しました。


ベーシックな「モノトーン」 ※今回使用




やわらいかい印象の「ソフトモノトーン」

RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ソフトモノトーン」で歩き撮り
本記事では、RICOH GRⅢx の白黒スナップ作例を掲載します。使用するイメージコントロールは「ソフトモノトーン」。コントラスト低めで、軟調な仕上がりのモノトーンです。黒つぶれも少ないので、見せたい画をしっかりと写し込むことができます。撮って出しの作例をご覧ください。




硬い印象の「ハードモノトーン」

硬調なモノトーン
RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ハードモノトーン」で撮る雪のまち
本記事では、RICOH GRⅢx のスナップ作例を掲載します。GRの特色として白黒の良さを上げる人も多いと思います。今回使用するイメージコントロールは「ハードモノトーン」。特にカスタマイズはせずに、そのままの色調を載せていきますので、作例としてご覧ください。




コントラストが極めて高く表現された「ハイコントラスト」

白と黒、コントラストが非常に高い
RICOH GRⅢx / イメージコントロール 「ハイコントラスト」でストリートスナップ
本記事では、RICOH GRⅢx のスナップ作例を掲載します。街歩きで白黒を使用するとそれっぽく写るので、好んで使用しています。今回使用するイメージコントロールは「ハイコントラスト」。白黒4種類のうちで、最もメリハリの効いた発色のイメージです。作例としてご覧ください。





snapshot / スナップショット

40mm(換算)| F9 | ss1/60 | iso400
傘を動かしてブレを作ってみる。



40mm(換算)| F2.8 | ss1/60 | iso250
カメラを持っているからこそ気になるパターン。
白黒だといつもより形に目がいく。



40mm(換算)| F2.8 | ss1/60 | iso320
青春を白黒でそっと切り取らせてもらった。



40mm(換算)| F11 | ss1/60 | iso250
ノーファインダー、すれ違いざまの一枚。



40mm(換算)| F7.1 | ss1/60 | iso400



40mm(換算)| F9 | ss1/60 | iso250
水たまりは定番。



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso320
明暗がしっかりと出ますね。



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso400
暗い背景と明るい被写体、際立って見える。



40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso400




40mm(換算)| F8 | ss1/60 | iso400
オシャレな店構え。


location / ロケーション

▲新潟市沼垂近辺、他



 

camera & lens / カメラとレンズ

▲RICOH GRⅢx
最高のスナップシューター。
いつもポケットに入れています。



▲GRⅢ用のサブバッテリー×2&充電器
純正バッテリーは高価なので、こちらの製品にしました。
遜色なく使用できるのでおすすめです。





▲GRⅢ、GRⅢxにジャストフィットのガラスフィルム。
安価で高品質、2枚セットになっているので、もし傷がついても交換できます。

 

  

  


afterword / あとがき

雨が降ったりやんだりの天気だったので、左手には傘、ポケットに入れた右手にはGRⅢx、そんな気軽さでスナップしていました。

40mmの焦点距離は、人を構図に入れてスナップするのにちょうど良い距離感です。

ストリートスナップには良い選択だと、使うたびに感じています。


今回は白黒の中で最もオーソドックスな「モノトーン」を使ってみました。

順次他のイメージも作例を掲載していきたいと思います。

この度もご覧くださり、ありがとうございました。


▼こちらはFUJIFILM「X-S10」のレビューです。
よろしければご覧ください。

FUJIFILM X-S10 レビュー / 初心者にもおすすめの小型ミラーレス一眼カメラ
FUJIFILMの高性能小型ミラーレス一眼「X-S10」。持ちやすいグリップ・手ブレ補正・動画性能の高さなど、小型ながらも多くのメリットを持ったカメラです。外観・作例(静止画、動画)・使いやすさ、などを順に記載していきます。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント