配車アプリ Grab(グラブ)の使い方 / インストールから実車体験レビュー in シンガポール

how to/備忘録
how to/備忘録各種手続き
スポンサーリンク

スマホひとつで簡単にタクシーや一般ドライバーを呼ぶことができる便利なアプリ「Grab」。

東南アジアの旅行には、もはや必需品と言えるものでしょう。

本記事では、Grabの使い方から実際に使ってみての感想までをレポートしていきます。

これから旅行を考えている方の参考になれば嬉しいです。


配車アプリ「Grab」とは?

‎Grab: Taxi Ride, Food Delivery
Grab - Taxi & Food Delivery - Apps on Google Play



シンガポールで開始された配車アプリで、現在は下記の8カ国で利用可能です。

シンガポール、カンボジア、インドネシア、マレーシア

ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナム


メリットは以下のとおり。

実際にシンガポールで使ってみて、その便利さを実感しました。


メリット1:アプリで場所を指定できる

このように出発地点と目的地を簡単に指定することができます。



 

メリット2:予約時に料金が確定するので安心

出発地点と目的地を指定すると、車の種類の候補が表示されます。

その横にはあらかじめ料金が表示されており、この金額以上請求されることはありません。

慣れない国のタクシーは「ぼったくり」が常態化しているところもありますが、このアプリを使用すればその心配もありません。


メリット3:言葉が通じなくても大丈夫

目的地は事前にアプリで指定してあるので、運転手には何も伝えなくて大丈夫です。

乗車する際に向こうから、「changi airport ?」などと聞かれた場合、間違いがなければ行き先を復唱すればOKです。

乗車中は無理に会話する必要はありません。

運転手も言葉が不慣れなことを察して話しかけてきませんので、安心してください。


アプリのインストール・設定

準備としてまずアプリのインストール・設定を行います。

これは日本国内でできることなので済ませておきましょう。


アプリのインストール

▼このアプリをインストールします。




支払い方法の追加

まずは「支払い方法」を設定します。

クレジットカードでの支払いが断然便利なので、カードを登録します。

私は念の為2枚分登録しました。

▲画面右下のアカウントから入ります。


▲お支払い方法へ進みます。

▲カードを選択。


▲カード情報を入力します。


▲カードの追加が確認できました。


使い方

アプリの操作

多機能なGrabアプリですが、今回使用するのは左端の「配車」です。




▲どこへ?という欄をタップします。





▲現在位置が出発地点に設定されています。
変更したい場合は「現在位置」の欄をタップすれば変えられます。

行き先は履歴により候補地が表示されています。

この中にあれば選択するだけでOKですし、無ければ文字入力で検索したり地図上で選ぶことも可能です。



▲こちらは地図から選択する画面。
直感的にポイントを指定できるので使いやすいです。




▲出発地点と目的地を設定することができました。

〜を予約する JustGrab を選択すれば、最寄りの車へ依頼が送られます。

ドライバーが依頼を承諾すると、ドライバーの顔写真・車の色とナンバー・GPS情報などが表示されます。

地図上には車がリアルタイムで向かっている様子が確認できるので、安心して待っていられます。




乗車〜下車まで

車が到着すると通知がきます。

ナンバープレートを確認してから乗車します。



アプリで指示済みですが、一応行き先を再確認するドライバーもいます。

「〇〇?」と聞かれて、行き先に間違いがなければ「〇〇」と頷けばOK。

運転中は何も話さなくてもよいので気が楽です。

運転手もめったに話しかけてはきませんので安心してくださいね。




到着したら「Thank you !」と言って下車するだけです。

支払いは自動的にカードで決済されるので手間がかかりません。

降車後、Grabアプリで運転手の評価を求められます。

特段問題がなければ最上位の評価をしてあげるのがマナーかと思います。

※チップを渡せるボタンもありますので、素晴らしいサービスを受けたような場合は、感謝の意を示すのも良いかもしれませんね。




実際に使ってみた感想(オーチャード ヨークホテルからチャンギ空港第2ターミナルまで)

こんなに簡単なの?というのが実際使ってみた感想です。

目的地を説明したり、料金の心配をしたりと面倒なことが一切無いので、タクシーよりも便利です。

また、配車を依頼してから数分でのお迎えで、とてもスピーディーでした。

宿泊したホテルから空港までは結構な距離があるのですが、料金はS$24(2,500円)程度と極めて良心的な価格設定です。



まとめ

便利な配車アプリ「Grab」について紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

東南アジアを訪問する際には必須のアプリなので、出国前にインストール・設定を済ませておきましょう。


海外初心者にこそオススメのアプリなので、この記事をご覧になったら是非試していただきたいです。

それでは良い旅を。

スポンサーリンク

コメント