高級キーボード HHKB キーの割り当て変更は簡単 / キーマップ変更ツールの使い方解説

review/レヴュー
review/レヴューガジェット
スポンサーリンク


本記事では、PFUの高級キーボード「HHKB」をより使いやすくするために、キーの割り当てを変更する方法を解説します。

特にMacをお使いの方は、純正の「マジックキーボード」と「HHKB」のキー配列の違いに戸惑うことかと思います。

そこで使用したいのが「キーマップ変更ツール」です。

自分の使いやすいようにキーを直感的に変更することができます。

では早速、順に解説していきます。





キーマップ変更ツールのダウンロード

Happy Hacking Keyboard | ダウンロード | PFU
株式会社PFUがお届けする高性能コンパクトキーボード、HHKB・Happy Hacking Keyboard のダウンロードページです。


公式HPからDLできます。

私はMacを使用しているので、macOS版をダウンロードしてインストールします。




キーボードとMacをUSB-Cケーブルで接続

キーマップ変更ツールを使用するには、ケーブル接続が必要です。

USBーCで接続します。




ツールを起動

インストールしたアプリを起動します。



エラーが表示されたら、、

そのまま起動すると、このようなエラーが表示されます。

USBケーブルで繋がってはいるものの、キーボードはまだBluetoothで接続されている状態です。

「Fn」 + 「Control」 + 「0」 を押して、USBケーブルでの接続に切り替えます。

その後、再度ツールを起動し直します。




ツールが開いたら、キーマップ変更を押す

キーボードが表示され、現在の割り当てを確認できます。

下段の「キーマップ変更」をクリックします。


変更したいキーを選択し、下段の候補から選んで決定する

上段に表示されているキーボードイメージから、変更したキーを選択。

下段の候補から選びます。

その後、右上に表示されている「HHKBへ書込み」を押して反映させます。


以上でツールでの作業は完了です。

ツールを閉じます。


USBケーブルを外し、キーボードの電源ボタンを長押しする

これで再度、Bluetooth接続の状態になります。



※参考までに、私の現在の割り当てを載せます

まずはスペースキーの左右に、Appleマジックキーボードと同じように「英数」、「かな」キーを割り当てています。

そして、commandキーを多用するので、左側に一箇所、右側に二箇所、commandを意味する「◇キー」を設けています。

しばらくこのスタイルで運用しているところです。




afterword / あとがき

いかがでしたでしょうか。

とても簡単にキー配列を見直すことができます。

そしてこのキー配列はキーボード自体に記憶させるので、PCを変更しても同じ設定が適用されます。

これはありがたい機能ですね。

この説明記事が少しでも参考になれば幸いです。

ご覧くださり、ありがとうございました。



▼PFU HHKBのレビューです。
よろしければご覧ください。

おすすめ高級キーボード「HHKB」レビュー / Mac用初期設定からカスタマイズ、使用感まで紹介します
一度手にしたら手放せないという高級キーボード「HHKB」(ハッピーハッキングキーボード)。私もその使い心地の虜になった一人です。本記事ではこの至高のキーボードについて詳しくレビューしていきます。高額なガジェットですので、この記事で購入を検討している方の不安を解消できたら幸いです。


 

スポンサーリンク
smallworks

コメント